全国卸流通特集

全国卸流通特集:酒卸=不安抱えたまま下期へ 増減税第1弾スタート

卸・商社 2020.09.29 12124号 16面

 国を挙げて東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会一色だったはずの上半期。酒類流通業界は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響を大きく受け、100年に一度ともいわれる苦境に立たされた。下期は居酒屋の営業時間が通常化するなど、一時に比べれば好転の兆しが見られる。国による飲食業の支援策もスタートする見込みだが、消費者の不安は払拭されているとは言えない。いまだ先行きは不透明なままだ。(丸山正和)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国卸流通特集

    全国卸流通特集

    卸・商社

     ●過去経験ない「非接触」は想定外の域 新型コロナウイルスの感染拡大は、食品卸業界を取り巻く環境を一変させた。外出自粛で社内会議や取引先との商談はオンラインへ移行し、商品展示会は全面的に開催を中止。人手不足と感染拡大防止 […]

    詳細 >