全国卸流通特集

全国卸流通特集:日食協・時岡肯平専務理事に聞く サプライチェーンの全体最適化へ尽力

卸・商社 2020.09.29 12124号 18面

 日本加工食品卸協会(日食協)は5月開催の定時総会で、時岡肯平氏の専務理事就任を決めた。時岡氏は独立系最大手の国分グループで現場から経営まで幅広い経験を積み、製配販3層を通じた業界情勢にも深い知見を持つ。昨今の業界課題はサプライチェーンの全体最適化をいかに図るかとし、協会活動として持続可能な物流構築や3層をつなぐデータ基盤の整備へ取り組む方針を強調。日食協の精神である「競争と協調」の下、経営バランスの取れた業界発展へ尽力したいとも展望を語る。時岡専務に話を聞いた。(篠田博一)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国卸流通特集

    全国卸流通特集

    卸・商社

     ●過去経験ない「非接触」は想定外の域 新型コロナウイルスの感染拡大は、食品卸業界を取り巻く環境を一変させた。外出自粛で社内会議や取引先との商談はオンラインへ移行し、商品展示会は全面的に開催を中止。人手不足と感染拡大防止 […]

    詳細 >