全国卸流通特集

全国卸流通特集:酒卸に聞く=国分グループ本社・東野聡執行役員 店全体の品質アップを

卸・商社 2020.09.29 12124号 17面
東野聡 執行役員

東野聡 執行役員

 最初は「品質」。飲食店がアフターコロナに生き残るためには、機材の洗浄やメンテナンスを従来以上に徹底する必要がある。飲酒マインドが低迷し、節約志向も高まっている。お金を使ってもらうには、酒の品質とともに衛生面も含めた店全体のクオリティーが問われるだろう。
 二つ目は「単価アップ」。巣ごもり消費で、値頃感のあるRTDや自分でつくるRTSが伸びている一方で、高級ワインなどの付加価値品が売れている。外食の機会が減る中で、平日は価格志向でも週末には良いものを選

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国卸流通特集

    全国卸流通特集

    卸・商社

     ●過去経験ない「非接触」は想定外の域 新型コロナウイルスの感染拡大は、食品卸業界を取り巻く環境を一変させた。外出自粛で社内会議や取引先との商談はオンラインへ移行し、商品展示会は全面的に開催を中止。人手不足と感染拡大防止 […]

    詳細 >