全国卸流通特集

全国卸流通特集:さんれいフーズ・田村勝副社長 中小店の売上げ拡大推進

卸・商社 2020.09.29 12124号 32面
田村勝副社長

田村勝副社長

 山陰を中心に山口県西部から兵庫県北部、京都府北部に至る日本海沿岸エリアで営業展開し、山陰を代表する業務用卸として確固たる地位を築いているさんれいフーズ。コロナ禍の影響で厳しい状況が続く中、中小規模店舗の深耕営業を進めるとともに、受注や配送、物流、営業ルートなどの改善も進めている。田村勝副社長に話を聞いた。(浜岡謙治)  ●メディカル営業体制を整備  当社の20年3月期決算は、当社単体売上高が232億4000万円の前年比1.9%減、経常利益1億6000万円の同25.6%減の減

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国卸流通特集

    全国卸流通特集

    卸・商社

     ●過去経験ない「非接触」は想定外の域 新型コロナウイルスの感染拡大は、食品卸業界を取り巻く環境を一変させた。外出自粛で社内会議や取引先との商談はオンラインへ移行し、商品展示会は全面的に開催を中止。人手不足と感染拡大防止 […]

    詳細 >