全国卸流通特集

全国卸流通特集:菓子卸トップに聞く=高山・高山時光社長 問われる「存在価値」

卸・商社 2020.09.29 12124号 15面
高山時光社長

高山時光社長

 高山の高山時光社長は、ウィズコロナの時代において「菓子卸の基本的な存在価値が今まで以上に問われている」と語る。コロナ禍で、人々の生活が一変した。新たな生活様式の下、日本全国でさまざまな変化に対応した取組みが進んでいる。高山社長は、「急変した消費者の購買や消費行動、それに伴うメーカーさまと小売業さまの戦略の変化に対し、何をご提案し実現できるか」を問い続け、最適解を模索する。

 ●変化対応の最適提案を模

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国卸流通特集

    全国卸流通特集

    卸・商社

     ●過去経験ない「非接触」は想定外の域 新型コロナウイルスの感染拡大は、食品卸業界を取り巻く環境を一変させた。外出自粛で社内会議や取引先との商談はオンラインへ移行し、商品展示会は全面的に開催を中止。人手不足と感染拡大防止 […]

    詳細 >