全国卸流通特集

全国卸流通特集:食品卸上位100社の19年度業績 コロナ禍、未曽有の事態

卸・商社 2020.09.29 12124号 02面

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、食品卸業界が未曽有の事態を迎えている。極度の不振に陥った業務用事業を家庭用の伸長でカバーしきれず、先の読めない状況が続く。一方、コロナ禍の異常事態がもたらしたデジタルシフトや物流の過剰なムダの排除など、サプライチェーンの全体最適に資する新たな合理化策のあり方も見えてきた。卸業界のここまでの動きを探った。(篠田博一)  ●ライフライン維持に社会的評価  食品卸業界の傾向を示す指標として前期(19年度)の大手総合卸7社の業績を見ると、伊藤忠食

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国卸流通特集

    全国卸流通特集

    卸・商社

     ●過去経験ない「非接触」は想定外の域 新型コロナウイルスの感染拡大は、食品卸業界を取り巻く環境を一変させた。外出自粛で社内会議や取引先との商談はオンラインへ移行し、商品展示会は全面的に開催を中止。人手不足と感染拡大防止 […]

    詳細 >