創刊80周年記念特集第2部

創刊80周年記念特集:幸南食糧 農業振興・地域活性化に貢献

卸・商社 2022.06.30 12424号 49面
食品メーカーや生産者が協業する農産物加工協会の設立式。代表理事を務める幸南食糧の川西修会長(中央)、理事を務める川西孝彦社長(右端)ら

食品メーカーや生産者が協業する農産物加工協会の設立式。代表理事を務める幸南食糧の川西修会長(中央)、理事を務める川西孝彦社長(右端)ら

 ◇サステナビリティ わが社の取組み
 コメ消費減が加速する中、有力コメ卸・幸南食糧が企業スタンスに置く「コメの価値と魅力を伝える」が、SDGsに合致。コメの価値向上につながる健康米をはじめ、新需要を創造する米飯加工品や炊飯米の製造・販売も行っている。加えて、機能性健康米協会や日本米飯管理士協会を設立・運営するほか、ギフトノベルティ商品を展開する米匠庵を立ち上げるなど、多様な切り口でコメの需要開拓に努めている。
 地方農業や地域

  • 創刊80周年記念特集第2部

    創刊80周年記念特集第2部

    総合

     共通価値の創造を意味するCSVは、米国の経営学者マイケル・ポーターとマーク・クレーマーが、2011年に提唱したとされる。本業を通じた、新たな価値の創造により、社会課題の解決を目指すことで、社会貢献と企業利益(経済性)を […]

    詳細 >