創刊80周年記念特集第2部

創刊80周年記念特集:脱炭素・カーボンニュートラル 温室効果ガス、20年度排出量は5.1%減

総合 2022.06.30 12424号 35面
温室効果ガスの排出量を削減して“カーボンニュートラル”を目指すことが世界共通の課題

温室効果ガスの排出量を削減して“カーボンニュートラル”を目指すことが世界共通の課題

 ◇新時代への挑戦〈脱炭素・カーボンニュートラル〉
 カーボンニュートラルとは、温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させることで、ごみの燃焼やガソリン車の使用により生じる排出量から、植林や森林管理などによる吸収量を差し引き、実質的にゼロにすることを意味する。排出を完全にゼロに抑えることは現実的に難しいため、排出したのと同じ量を吸収または除去することで“差し引きゼロ”を目指すというものだ。
 環境省によると、20年度の温室効果ガスの

  • 創刊80周年記念特集第2部

    創刊80周年記念特集第2部

    総合

     共通価値の創造を意味するCSVは、米国の経営学者マイケル・ポーターとマーク・クレーマーが、2011年に提唱したとされる。本業を通じた、新たな価値の創造により、社会課題の解決を目指すことで、社会貢献と企業利益(経済性)を […]

    詳細 >