創刊80周年記念特集第2部

創刊80周年記念特集:伊藤忠食品 社会貢献と成長の両立へ

卸・商社 2022.06.30 12424号 51面
同社が掲げるマテリアリティと2030年目標

同社が掲げるマテリアリティと2030年目標

 ◇サステナビリティ わが社の取組み
 伊藤忠食品は2020年に3ヵ年の中期経営計画「Transform 2022 ~領域を超えて~」を策定し、目指す姿の一つとして「社会課題解決への取組みによる持続的成長基盤構築」を掲げた。併せてマテリアリティ(重要課題)も公表し、食品の中間流通を担う企業として解決すべき課題を示すとともに、さまざまな取組みを推進している。
 中計最終年度となる今年は持続可能な社会の実現へさらに貢献していくため「サステナビリティ推進チーム」の新設とともに、20

  • 創刊80周年記念特集第2部

    創刊80周年記念特集第2部

    総合

     共通価値の創造を意味するCSVは、米国の経営学者マイケル・ポーターとマーク・クレーマーが、2011年に提唱したとされる。本業を通じた、新たな価値の創造により、社会課題の解決を目指すことで、社会貢献と企業利益(経済性)を […]

    詳細 >