創刊80周年記念特集第2部

創刊80周年記念特集:雪印メグミルク 現代の健土健民へ体制整備

乳肉・油脂 2022.06.30 12424号 51面
メタンガス化施設を設置した大樹工場

メタンガス化施設を設置した大樹工場

 ◇サステナビリティ わが社の取組み
 雪印メグミルクは、前身の一つである雪印乳業の創業の精神「健土健民」を受け継ぎ、サステナビリティ経営を進めている。社会課題の解決を図るとともに、将来世代に継承することができる持続可能な社会の構築を目指している。
 「健土健民」とは、「酪農は大地の力を豊かにし、その豊かな大地から生み出された牛乳・乳製品は、最高の栄養食品として健やかな精神と強靭(きょうじん)な身体を育む」という崇高な理想である

  • 創刊80周年記念特集第2部

    創刊80周年記念特集第2部

    総合

     共通価値の創造を意味するCSVは、米国の経営学者マイケル・ポーターとマーク・クレーマーが、2011年に提唱したとされる。本業を通じた、新たな価値の創造により、社会課題の解決を目指すことで、社会貢献と企業利益(経済性)を […]

    詳細 >