コメビジネス最前線特集

コメビジネス最前線特集:大塚食品 食べやすさともちもち食感追求

農産加工 2021.09.27 12299号 11面

 大塚食品が展開するコンニャク生まれの米粒状加工食品「マンナンヒカリ」は、発売20周年の今年、ユーザーの声に応え、食べやすさを追求し刷新を図る。よりコメに近い、もちもちした食感へ改良を図るとともに、パッケージもブラッシュアップし、9月から順次展開している。
 同品は、コメと混ぜて炊くだけで、ご飯の量とおいしさはそのままに、糖質やカロリーをカットし、食物繊維も取れる点が特徴だ。高まる健康志向や糖質関連市場の拡大、内食需要の伸長などをとらえ、成長を続けてい

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • コメビジネス最前線特集

    コメビジネス最前線特集

    農産加工

     コメ離れの加速化が米穀業界に大きくのしかかる中、川上に向けては農家高齢化による担い手不足や、異常気象や自然災害の頻発化による調達不安、川下に向けては「ご飯を炊かない時代」への対応が急務となっている。そこで生き残りには、 […]

    詳細 >