コメビジネス最前線特集

コメビジネス最前線特集:有力スーパー・生協の販売動向=単価下落対策が急務

農産加工 2021.09.27 12299号 10面
スーパーのコメ販売は家庭内食需要を取り込むことができるか(原信南万代店)

スーパーのコメ販売は家庭内食需要を取り込むことができるか(原信南万代店)

 日本食糧新聞社では8月中旬から下旬にかけ、全国の有力スーパー・生協のコメ販売状況に関するアンケート調査を実施した。回答のあった10社中6社で前期売上げが前年を上回り、生協中心にコロナ禍の巣ごもり需要がプラスに働いている。ただ今第1四半期は11社中8社で前年を割り込み、前期の反動減が出た企業が多い。直近では企業ごとに明暗が分かれている。(佐藤路登世)

 ●第1四半期売上げ 11社中8社、前年割り込む

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • コメビジネス最前線特集

    コメビジネス最前線特集

    農産加工

     コメ離れの加速化が米穀業界に大きくのしかかる中、川上に向けては農家高齢化による担い手不足や、異常気象や自然災害の頻発化による調達不安、川下に向けては「ご飯を炊かない時代」への対応が急務となっている。そこで生き残りには、 […]

    詳細 >