コメビジネス最前線特集

コメビジネス最前線特集:コメ産地動向=コメ余り深刻化 増量セールに注目

農産加工 2021.09.27 12299号 13面

 コメ余りが深刻化する中、ホクレンの増量セールが成果を挙げ、産地関係者の注目の的となっている。一方、新米の販促活動がコロナ禍で大幅に制限される中、SNSを活用した情報発信やオンラインイベントなどデジタル化にかじを切り、若年需要を取り込む点でも期待が高い。その一方で、新銘柄の売り込み合戦は秋田県の「サキホコレ」の登場で新たな局面を迎えた。そうした中、新潟県の「新之助」が価格を下げて認知度が一気に向上し、販売進度が加速化。これも各産地の注目の的となっている。産地の最前線をレポート

  • コメビジネス最前線特集

    コメビジネス最前線特集

    農産加工

     コメ離れの加速化が米穀業界に大きくのしかかる中、川上に向けては農家高齢化による担い手不足や、異常気象や自然災害の頻発化による調達不安、川下に向けては「ご飯を炊かない時代」への対応が急務となっている。そこで生き残りには、 […]

    詳細 >