創刊80周年記念特集第1部

創刊80周年記念特集:生活者接点=スーパー 顧客と作る資源循環の仕組み

小売 2022.06.30 12424号 06面
店頭では資源回収の体制整備が進む=サミットストア世田谷船橋店

店頭では資源回収の体制整備が進む=サミットストア世田谷船橋店

 ●地域単位の協業も必要
 日々の生活に不可欠で購買頻度の高い食品関連の小売チェーンは、非食品チェーンに比べると店舗数が多く、それら多くの拠点に供給するためのサプライチェーンは昼夜を問わず稼働している。結果として日々大量のエネルギーを消費し、包装資材にせよ食品残さにせよ、家庭での消費プロセスまで含めると大量の廃棄物を生み出している。
 こうした問題に対処するため、エネルギー使用量を減らし、廃棄物の量を減らし、さらには再生ループに

  • 創刊80周年記念特集第1部

    創刊80周年記念特集第1部

    総合

     日本食糧新聞は1943年の創刊、食糧・食品報道一筋に「提言紙・世論紙・応援紙」の基本方針を貫き、2023年1月1日に80年を迎える。 この間、わが国の食品関連産業は、製造技術の向上で即席麺や冷凍食品など新しいジャンルの […]

    詳細 >