創刊80周年記念特集第1部

創刊80周年記念特集:環境配慮=生協 再エネ発電、全国拡大 30年、年間4億kWh目指す

小売 2022.06.30 12424号 07面
プラスチック製カトラリーからの転換を進める(コープみらいコープ久喜店)

プラスチック製カトラリーからの転換を進める(コープみらいコープ久喜店)

 全国の生協は「生協の2030環境・サステナビリティ政策」に基づき、温室効果ガスの削減や再生可能エネルギーの利用・開発などを進めている。42生協による551ヵ所の発電設備により、約2億kWhの再生可能エネルギーを創出している。30年までに年間発電量4億kWhの開発を目指す。(宮川耕平)

 CO2排出量は、13年度に比較して30年度に40%削減の目標を掲げる中、20年度の時点で35%削減している。省エネ

  • 創刊80周年記念特集第1部

    創刊80周年記念特集第1部

    総合

     日本食糧新聞は1943年の創刊、食糧・食品報道一筋に「提言紙・世論紙・応援紙」の基本方針を貫き、2023年1月1日に80年を迎える。 この間、わが国の食品関連産業は、製造技術の向上で即席麺や冷凍食品など新しいジャンルの […]

    詳細 >