おいしい減塩食品特集

◆おいしい減塩食品特集:拡大する減塩市場 商品開発の鍵は“味”

調味 2020.07.20 12085号 07面

 ●製配販連携で価値訴求を

 食品業界において減塩商品の市場が拡大している。日本人の1日当たりの塩分摂取量は10.1g(平成30年「国民健康・栄養調査」)で、これは世界保健機関(WHO)が推奨する世界基準の目標値の約2倍。塩分の過剰摂取は健康リスクを高めるとされ、厚生労働省もこのほど1日当たりの摂取目標量を引き下げた。健康寿命の延伸は国の重要政策であることから、今後も引き続き減塩ニーズは高まると予測される。商品開発で鍵を握るのは、減塩しても満足感のある味や風味を維持すること。製配販のサプライチェーン全体で減塩・低塩商品の重要性を訴求し、マーケットのさらなる活性化を図りたい。(涌井実)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • おいしい減塩食品特集

    おいしい減塩食品特集

    調味

     ●製配販連携で価値訴求を  食品業界において減塩商品の市場が拡大している。日本人の1日当たりの塩分摂取量は10.1g(平成30年「国民健康・栄養調査」)で、これは世界保健機関(WHO)が推奨する世界基準の目標値の約2倍 […]

    詳細 >