近畿中四国業務用低温卸流通特集

近畿中四国業務用低温卸流通特集:変わりゆくC&C業態

卸・商社 2021.06.05 12239号 12面

 ●プロを支えた食材で消費者ニーズ獲得
 小規模飲食店の日々の仕入れや足らず買いをカバーするために卸業者らが店舗などで業務用食材や資材を直接現金販売してきたキャッシュアンドキャリー(C&C)業態が進化している。厳密な会員制で業者しか入店できないシステムを取る店舗は減り、一般消費者へも門戸を広げ、現金払いではなく利便性を高めたサービスも次々と登場している。外食と中食、内食の垣根がなくなりつつあるように、便利でコストパフォーマンスの高い業務用食材や資材を“

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 近畿中四国業務用低温卸流通特集

    卸・商社

     ◆市場規模は10年前水準に 2020年の食品産業界は新型コロナウイルス対策一色に染まった。日本の社会活動は停止と始動を繰り返し、家庭用市場には極端な巣ごもり需要が起きたが、業務用市場は見通しが立たなくなった。昨年のこの […]

    詳細 >