近畿中四国業務用低温卸流通特集

近畿中四国業務用低温卸流通特集:尾家産業・佐々木亮司取締役 BtoCルートも模索

卸・商社 2021.06.05 12239号 02面

 尾家産業の21年3月期は売上高661億3700万円(前年比31.1%減)、営業損失18億3600万円。新規開拓に励んだが外食市場縮小で売上げは前年から300億円減少し、物流経費圧縮に苦闘した。今期は外食復調に備えながら、成長市場のヘルスケアと中食へ提案強化し、BtoCも視野に入れる佐々木亮司取締役に状況を聞いた。(深瀬雅代)

 ●ヘルスケアと中食に注力
 本社お膝元の中日本西

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 近畿中四国業務用低温卸流通特集

    卸・商社

     ◆市場規模は10年前水準に 2020年の食品産業界は新型コロナウイルス対策一色に染まった。日本の社会活動は停止と始動を繰り返し、家庭用市場には極端な巣ごもり需要が起きたが、業務用市場は見通しが立たなくなった。昨年のこの […]

    詳細 >