近畿中四国業務用低温卸流通特集

近畿中四国業務用低温卸流通特集:炊飯業界 新分野にチャレンジ

惣菜・中食 2021.06.05 12239号 08面

 ●市場厳しく苦戦するも
 コロナ禍で米飯惣菜需要も苦戦を余儀なくされている。だが、近畿地区有力炊飯企業のエスアールジャパンは、従来のスーパーへの販売から新たに参入する関東圏外食企業を中心に販路を拡大。神明グループのShinmei Delicaは工場を集約し、合理化を図る一方、惣菜コーナーで販売するチルドデザートに参入した。コメ卸の幸南食糧も炊飯事業を展開するが、コメ消費拡大につながるレトルト事業の強化を図っている。各社の取り組みを紹介する。(佐藤路登

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 近畿中四国業務用低温卸流通特集

    卸・商社

     ◆市場規模は10年前水準に 2020年の食品産業界は新型コロナウイルス対策一色に染まった。日本の社会活動は停止と始動を繰り返し、家庭用市場には極端な巣ごもり需要が起きたが、業務用市場は見通しが立たなくなった。昨年のこの […]

    詳細 >