関西四国新春特集

関西四国新春特集:持続可能性追求~飛躍の年へ・地域=マルヤナギ小倉屋

惣菜・中食 2022.01.29 12356号 13面
加東市産もち麦の普及へ、パンや麺など各界と連携

加東市産もち麦の普及へ、パンや麺など各界と連携

 ●加東市産もち麦で健康増進
 マルヤナギ小倉屋はもち麦の国産化を進めるため、2017年から工場所在地である加東市のJAみのりの協力を得て、国産もち麦の栽培に取り組む。現在は年間約200tを収穫。19年には加東市とSDGs(持続可能な開発目標)を念頭に置いた地域活性化・市民の健康増進・農業振興等に関する連携協定を締結し、加東市産もち麦を地域特産品にすることを含め、もち麦食の普及を目指している。加東市産もち麦「キラリモチ」はコメのような甘みが特徴だ。

  • 関西四国新春特集

    関西四国新春特集

    総合

     21年も新型コロナウイルス感染症の終息がかなわず、関西四国エリアでの食品業界も厳しい環境下での経営を強いられることになった。秋以降感染者が減少に転じ、明るい兆しが見えて、22年年明けは、大阪のディープスポット“新世界” […]

    詳細 >