コメビジネス最前線特集

コメビジネス最前線特集:価格動向=高値スタートも前年並みで推移

農産加工 2019.09.23 11945号 15面

 今18年産米は、減反による生産調整が廃止されたものの、主食用米生産量は増加せず、4年連続の高値でスタートを切った。だが、コメ離れが進むマーケットにあって、高値は容認できず、米価の指標となる相対取引価格は、ほぼ前年並みで推移している。  ただ、高値傾向は間違いなく、コメ流通を担う卸業者は、仕入れ高の販売安に陥り、収益確保に苦慮している。大手の木徳神糧(12月期決算)の今第2四半期は、営業利益が前年比55.6%減、経常利益同52.7%減、四半期純利益同54.9%減の大幅減益を余

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • コメビジネス最前線特集

    コメビジネス最前線特集

    農産加工

     4年連続の高値と、2年連続の不作に見舞われた昨年の米穀業界。今秋は豊作が見込まれ、減り続ける消費量や難航する調達難に一息付ける年となりそうだ。だが安堵はできない。少子高齢化や小家族化、有職主婦の増加などによる家庭炊飯減 […]

    詳細 >