コメビジネス最前線特集

コメビジネス最前線特集:有力スーパー・生協の販売動向=消費減・小容量化進む

農産加工 2019.09.23 11945号 16面
高値でスタートした早期新米

高値でスタートした早期新米

脱コシヒカリの新潟米

脱コシヒカリの新潟米

10kg3000円の特売も目立ってきた

10kg3000円の特売も目立ってきた

 日本食糧新聞関西支社は8月下旬から9月上旬、全国の有力スーパー・生協のコメ販売状況を探るアンケート調査を実施した。回答があった15社中13社で、前期売上げが前年を上回った。ただし、販売数量では9社が前年を割り込み数量減だが、単価アップで前年以上の売上げを確保していることが判明した。今第1四半期では17社中9社が売上げ増、7社が減少、1社で前年並みとなった。数量でも10社が増加、5社で減少となり、明暗が分かれた。(日本食糧新聞社関西支社アンケート調査班)  ●数量減も単価アッ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • コメビジネス最前線特集

    コメビジネス最前線特集

    農産加工

     日本食糧新聞関西支社は8月下旬から9月上旬、全国の有力スーパー・生協のコメ販売状況を探るアンケート調査を実施した。回答があった15社中13社で、前期売上げが前年を上回った。ただし、販売数量では9社が前年を割り込み数量減 […]

    詳細 >