内田洋行「課題の見える化」IT導入事例

内田洋行「課題の見える化」IT導入事例(2)スイートガーデン コスト削減へクラウド化

機械・資材・IT 2017.05.15 11524号 13面
ヒット商品の神戸ふわとろチーズタルトを販売するオーブンラボ

ヒット商品の神戸ふわとろチーズタルトを販売するオーブンラボ

お店では焼き立て熱々のふわとろチーズタルトが食べられる

お店では焼き立て熱々のふわとろチーズタルトが食べられる

 神戸に本社を置くスイートガーデン(SG)は、和洋菓子・和生菓子などの製造・販売、OEM事業を手がける老舗メーカーだ。スーパーカクテルデュオFOODs販売・会計(SC)を09年にオンプレミスで導入し、購買から生産・物流・店舗POSなどのマスターデータを一元化したことで、帳票類の半減とコスト低減に成功した。現在、ヒット商品の「神戸ふわとろチーズタルト」をはじめ、月間約250アイテムを神戸工場で製造する。14年4月にプレシアグループから不二家グループの傘下に入り、店舗への商品の相

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 内田洋行「課題の見える化」IT導入事例

    内田洋行「課題の見える化」IT導入事例

    機械・資材・IT

     内田洋行は基幹業務システム「スーパーカクテル(SC)シリーズ」を発売し20年を迎える。特に食品業に多数導入され、食品業の抱えるトレーサビリティーや原価把握などの課題を「見える化」し、ICTで解決してきた。SCの最新導入 […]

    詳細 >