内田洋行「課題の見える化」IT導入事例

内田洋行「課題の見える化」IT導入事例(10)蓬莱本館 数値化で迅速な判断

機械・資材・IT 2018.02.19 11663号 07面
主力商品を手にする蓬莱本館の東進明代表(右)とシステム担当者

主力商品を手にする蓬莱本館の東進明代表(右)とシステム担当者

 ◆豚まん、近畿から全国へ  近畿圏で中華まん(豚まん)といったら「蓬莱」といわれるほどで、今は全国の量販店のチルド部門豚まんではトップシェアを誇る。蓬莱本館は大阪・桜川工場と関東の千葉工場で日量約10万個を製造する。繁忙期には1日100件超の注文に週休1日体制で対応する。東進明蓬莱本館代表は機械化しても手作りに負けない豚まんを作るための“こだわり”をもつ。  おいしさや安全・衛生のため最新機器の導入はもちろん、システム面の老朽化に伴い昨年、内田洋行のパートナー、ユーザックシ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 内田洋行「課題の見える化」IT導入事例

    内田洋行「課題の見える化」IT導入事例

    機械・資材・IT

     ◆豚まん、近畿から全国へ  近畿圏で中華まん(豚まん)といったら「蓬莱」といわれるほどで、今は全国の量販店のチルド部門豚まんではトップシェアを誇る。蓬莱本館は大阪・桜川工場と関東の千葉工場で日量約10万個を製造する。繁 […]

    詳細 >