内田洋行「課題の見える化」IT導入事例

内田洋行「課題の見える化」IT導入事例(17)不二製油 IT未開拓分野にメス

機械・資材・IT 2019.05.13 11875号 12面
玉木隆大氏

玉木隆大氏

不二製油本社センタービル

不二製油本社センタービル

 不二製油の業績は、2017年度売上高3076億円、営業利益205億円で、この数年右肩上がりで推移する。部門別売上げは油脂38%、製パン製菓素材50%、大豆12%を占め、エリア別では国内外で半々程度と好調で、成長に伴い業務量増加は避けられない状態だ。一方、少子高齢化による人材不足で、労働力低下が懸念される。現状維持ではなく「革新的な攻めの仕事をする」ために、ITで課題解決できないかと考えた。製造工程を見直し、データ取得や日報管理など、これまでのIT未開拓分野にメスを入れた。1

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 内田洋行「課題の見える化」IT導入事例

    内田洋行「課題の見える化」IT導入事例

    機械・資材・IT

     内田洋行は基幹業務システム「スーパーカクテル(SC)シリーズ」を発売し20年を迎える。特に食品業に多数導入され、食品業の抱えるトレーサビリティーや原価把握などの課題を「見える化」し、ICTで解決してきた。SCの最新導入 […]

    詳細 >