内田洋行「課題の見える化」IT導入事例(38)ヨシダコーポレーション

写真左から津島工場業務チームの川島美希さん、津島工場業務チームの蟹江友香さん、今枝源一郎システムチームチームマネージャー

写真左から津島工場業務チームの川島美希さん、津島工場業務チームの蟹江友香さん、今枝源一郎システムチームチームマネージャー

ヨシダコーポレーションの社屋

ヨシダコーポレーションの社屋

 ◆入力や検索など大幅に効率化 課題は賞味期限のロット管理
 ヨシダコーポレーションはナチュラルチーズ・プロセスチーズ加工と粉乳製造の二つのジャンルで、多彩な製品を展開する。主力の「YSブランド」は、外食産業や製パンメーカー・卸と深く浸透し、小売用でも、スーパーをメーンに商品展開をしている。シュレッドチーズだけでも定番品はPB、NB合わせて50以上のアイテムがある。同社では従来から基幹システムとして内田洋行のスーパーカクテル(スパカク)を導入してきた。

書籍紹介