創刊80周年記念特集第3部

創刊80周年記念特集:食品小売の80年 業態興亡の歴史 コロナで変貌、小売の姿

小売 2022.06.30 12424号 61面
セブン&アイのPB「セブンプレミアム」は、従来のPBとは一線を画した=07年の記者発表会

セブン&アイのPB「セブンプレミアム」は、従来のPBとは一線を画した=07年の記者発表会

 食品小売の80年の歩みは、業態と企業の栄枯盛衰の歴史だった。食糧難だった戦中・戦後の配給統制の時代を経て、食品スーパー(SM)や総合スーパー(GMS)が登場し、セルフサービスとチェーンストアシステムを武器に百貨店を凌ぐ存在に成長。続いてコンビニエンスストア(CVS)が勃興し、さらにドラッグストア(DgS)も台頭して業態間競争が激化した。そうした中で、20年春から国内で感染拡大した新型コロナウイルスが企業にデジタル技術を駆使した新たな小売の姿を引き出すトリガーになった。(山本

  • 創刊80周年記念特集第3部

    創刊80周年記念特集第3部

    総合

     日本食糧新聞は、昭和17(1942)年に一県一紙、一業界一紙の整備統合が内閣情報局から打ち出され、農林省関係の統制団体として設立された中央食糧協力会の弘報部から業界関係6紙が廃刊統合され、昭和18年1月1日に創刊された […]

    詳細 >