創刊80周年記念特集第3部

創刊80周年記念特集:伊那食品工業 寒天の革新図り“脱プラ”も

水産加工 2022.06.30 12424号 81面
“脱プラ”で注目を集める伊那食品工業の可食性フィルム「クレール」

“脱プラ”で注目を集める伊那食品工業の可食性フィルム「クレール」

 ◇ナンバーワン・オンリーワン
 冬場の寒気を生かした天然製造が中心で「寒天=相場商品」の色合いが濃かった1970年代後半に工業型製造のシステムを構築し、安定した品質と製造量、価格の供給体制を確立した伊那食品工業。寒天のトップメーカーとして多彩な寒天製品やゲル化剤を手掛ける現在も、開発型企業として常に製品、用途の革新に取り組んでいる。
 設立は58年。当時はまだ珍しかった粉末寒天の製造を十数人で行う小さな会社だったが、製造技術の

  • 創刊80周年記念特集第3部

    創刊80周年記念特集第3部

    総合

     日本食糧新聞は、昭和17(1942)年に一県一紙、一業界一紙の整備統合が内閣情報局から打ち出され、農林省関係の統制団体として設立された中央食糧協力会の弘報部から業界関係6紙が廃刊統合され、昭和18年1月1日に創刊された […]

    詳細 >