全国麺類特集

全国麺類特集:小豆島地区手延べ麺動向=販売好調も生産者の減少が課題

小麦加工 2021.05.31 12236号 96面
「島の光」手延そうめん[化粧木箱入]

「島の光」手延そうめん[化粧木箱入]

「島の光」手延そうめん[木箱入]

「島の光」手延そうめん[木箱入]

あったかそうめん[カップ麺]

あったかそうめん[カップ麺]

手延オリーブ素麺

手延オリーブ素麺

 ●「さぬきの夢2009」使った新製品開発へ
 瀬戸内海の小豆島。慶長時代からその自然を生かして「島の光」の手延べそうめんが生産されている。
 島全体の手延べそうめんの生産量は12万箱強(18kg換算)と推計される。中心の小豆島手延素麺協同組合の手延べそうめんの生産量は(「島の光」以外の商品と特注品を入れると)10万箱を少し割り込んでいる。組合員以外が2万~3万箱と考えられる。組合員外の生産者は数社あるが、年々減少しているものの

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国麺類特集

    全国麺類特集

    小麦加工

     麺類市場は昨年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で環境が大きく変化した。感染防止対策として、外出自粛などを背景に家庭用の売上げが伸びた一方で、外食産業、学校・事業所給食など業務用関連の売上げが減少した。21年も日本国内 […]

    詳細 >