全国麺類特集

全国麺類特集:機械麺総論=20年乾麺類生産量20万t台 中華麺が全体の約1割のシェアに

小麦加工 2021.05.31 12236号 06面

 ◇21年もそば・中華麺がけん引役予想 原料高騰でそばの価格改定に注目
 ●乾麺の需給動向
 2020年(1~12月)の乾麺類生産量(原料小麦粉使用量)は、19万6519tで前年比5.6%増と近年においては大きな増加となった。このうち、機械類が13万5560t(同7.2%増)、手延べそうめん類が6万0959t(同2.4%増)だった。これにそば粉使用量1万3245tを加えた14万8805t(同20.1%増)が実質的な機械麺類の生産

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国麺類特集

    全国麺類特集

    小麦加工

     麺類市場は昨年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で環境が大きく変化した。感染防止対策として、外出自粛などを背景に家庭用の売上げが伸びた一方で、外食産業、学校・事業所給食など業務用関連の売上げが減少した。21年も日本国内 […]

    詳細 >