全国麺類特集

全国麺類特集:奈良・三輪地区手延べ麺=巽製粉 内食拡大見越し単品育成へ

小麦加工 2021.05.31 12236号 86面
「麦坐 三輪素麺 夕張メロンゼリー詰合せ」(左)と「手延べ むぎくらの麺 平麺」

「麦坐 三輪素麺 夕張メロンゼリー詰合せ」(左)と「手延べ むぎくらの麺 平麺」

麦坐 三輪素麺 個包装

麦坐 三輪素麺 個包装

 巽製粉は1877年創業。製粉事業(現在は製造事業から撤退)から始まり、現在は三輪地区で製パン・製麺事業を行う。手延素麺事業部は「麦坐」(むぎくら)ブランドの手延べそうめんを販売。こびきの手作業で、手延べ規格に適合した日産5tの生産能力ラインがある。
 製粉技術の蓄積という強みを生かし、小麦を削り、中心部分のみを使用した麺専用の最適な小麦粉を厳選。これに藻塩、国産こめ油を使い、粉の特性を最大に生かした麺を手延べ“むぎくらの麺”として発売。顧客の要望を受

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国麺類特集

    全国麺類特集

    小麦加工

     麺類市場は昨年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で環境が大きく変化した。感染防止対策として、外出自粛などを背景に家庭用の売上げが伸びた一方で、外食産業、学校・事業所給食など業務用関連の売上げが減少した。21年も日本国内 […]

    詳細 >