全国麺類特集

全国麺類特集:小豆島地区手延べ麺動向=生産者の減少、歯止めかからず

小麦加工 2022.05.31 12407号 90面
香川県主催の「さぬきの夢」新商品発表会で試作「さぬきの夢70(ななまる)」を展示

香川県主催の「さぬきの夢」新商品発表会で試作「さぬきの夢70(ななまる)」を展示

「島の光」手延そうめん[木箱入]

「島の光」手延そうめん[木箱入]

あったかそうめん[カップ麺]

あったかそうめん[カップ麺]

手延オリーブ素麺

手延オリーブ素麺

 ●価値をどう伝えるか課題
 瀬戸内海の小豆島地区では、慶長時代から自然を生かした手延べそうめん「島の光」が生産されている。島全体の手延べそうめんの生産量は18kg換算で12万箱強と推計される。中心の小豆島手延素麺協同組合の手延べそうめんの生産量は、「島の光」以外の商品と特注品を入れると10万箱弱。島の光は9万箱をわずかに割り込んだ可能性がある。組合員以外が2万~3万箱と考えられる。組合員外の生産者は数社あるが、年々減少しているもののフットワークの軽さ

  • 全国麺類特集

    全国麺類特集

    小麦加工

     麺類市場はコロナ禍の生活が3年目を迎え、新しい局面を迎えている。国内の消費動向が変化していきそうな中で、国際的な問題を含んだ原材料の高騰によるものだ。国内の環境に目を向けると、コロナ禍は続いており、東京では新たな感染者 […]

    詳細 >