全国麺類特集

全国麺類特集:奈良・三輪地区手延べ麺動向=一丸で25万箱維持へ

小麦加工 2022.05.31 12407号 74面
初々しいが、しっかりした技術で「箸分け」をする新規生産者の前田宏行さん

初々しいが、しっかりした技術で「箸分け」をする新規生産者の前田宏行さん

今年のト定祭は高値

今年のト定祭は高値

 ●生産者組合と販売組合一丸 19歳新生産者が大きな一歩に
 「ついに生産者が50軒を切った」と関係者に衝撃が走った。かつては150軒以上いた奈良県三輪素麺工業協同組合員は、少子高齢化などで減少の一途をたどり現在63軒だが、実働49軒となり生産量も9万箱(1箱18kg)の攻防が続く。そんな中、19歳(取材時点)の前田宏行さん(大三輪山)が、新たな生産者となったことは三輪そうめんにとって大きな希望となった。同じ地域の茅原(ちはら)の生産者2軒で2週間ずつ

  • 全国麺類特集

    全国麺類特集

    小麦加工

     麺類市場はコロナ禍の生活が3年目を迎え、新しい局面を迎えている。国内の消費動向が変化していきそうな中で、国際的な問題を含んだ原材料の高騰によるものだ。国内の環境に目を向けると、コロナ禍は続いており、東京では新たな感染者 […]

    詳細 >