全国麺類特集

全国麺類特集:淡路島地区手延べ麺動向=生産量7千箱を割り込む

小麦加工 2020.05.30 12058号 107面
地元で「寝櫃」などと呼ばれる床下で熟成させる独特の製法

地元で「寝櫃」などと呼ばれる床下で熟成させる独特の製法

淡路島手延べそうめん専門店「ら福」

淡路島手延べそうめん専門店「ら福」

 ●災害備蓄食として活用も  淡路手延素麺協同組合の昨年度(18年産)のそうめん生産量(御陵糸・淡路糸・おのころ糸の合計)が6500箱(18kg換算)となり、2年連続で7000箱の大台を割り込むことになった。内訳は御陵糸4200箱、淡路糸1500箱、おのころ糸800箱となる。生産量は最盛期には137軒、6万箱強(同)ほどあったが年々減少。11年度(9月~翌年8月)9418.5箱と1万箱を割り込んで以来、近年は7000箱をめぐる攻防が続いていた。組合員数は前年と同じ14軒。  

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国麺類特集

    全国麺類特集

    小麦加工

     ●ライフラインとしての価値高まる 喫食機会拡大を本格需要に  麺業界の取り組みは、日本の生活者のライフラインを守る産業としての価値が高まっている。日本の市場で麺業界は、乾麺、生麺、冷凍麺、即席麺など、幅広いカテゴリーで […]

    詳細 >