全国麺類特集

全国麺類特集:九州地区乾麺=五木食品 乾麺、包装麺から棒状麺など商品化多彩

小麦加工 2020.05.30 12058号 115面

 五木食品は1878年熊本市古桶屋町で製粉、製麺業として「山住屋」からスタートしている。現在、「乾麺の五木」として九州地区では高いシェアを占めている。  九州の小売店頭ではほぼ同社の商品は配荷され、九州の機械麺メーカーの代表として、市場を占有している。そうめん、ひやむぎ、そば、うどんと幅広く乾麺商品を持ち、九州から発した同社は西日本地区へと市場を拡大、さらに関東、東北地区まで商品が流通している。  特にそばは九州では従来、主流ではなかったが、商品名「五木そば」によって九州のそ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国麺類特集

    全国麺類特集

    小麦加工

     ●ライフラインとしての価値高まる 喫食機会拡大を本格需要に  麺業界の取り組みは、日本の生活者のライフラインを守る産業としての価値が高まっている。日本の市場で麺業界は、乾麺、生麺、冷凍麺、即席麺など、幅広いカテゴリーで […]

    詳細 >