全国麺類特集

全国麺類特集:奈良・三輪地区手延べ麺動向=5年後、10年後を見越しブランド構築

小麦加工 2020.05.30 12058号 92面
ト定祭では2年連続の「高値」

ト定祭では2年連続の「高値」

今年の同地区での大きなトピックの一つはマル勝高田商店の新社屋兼店舗竣工

今年の同地区での大きなトピックの一つはマル勝高田商店の新社屋兼店舗竣工

毎年三輪素麺品評会を行い品質アップに努める

毎年三輪素麺品評会を行い品質アップに努める

 三輪素麺は1300年の歴史を持つ手延べそうめんの発祥の地だが、消費者の大きな変化の中、販売力、知名度とも伸び悩んでいた。奈良県三輪素麺工業協同組合(池側義嗣理事長、以下組合)の生産能力は2500t程度あるが昨今の年間生産量は1800~2000tと停滞。こうした現状を打破するため組合と奈良県三輪素麺販売協議会(池田利一会長、以下販売協議会)が一致団結し活性化に取り組んできた。さらに奈良県、地元・桜井市の地方創生を目指す行政、地元有力金融機関の南都銀行が一緒になって三輪そうめん

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国麺類特集

    全国麺類特集

    小麦加工

     ●ライフラインとしての価値高まる 喫食機会拡大を本格需要に  麺業界の取り組みは、日本の生活者のライフラインを守る産業としての価値が高まっている。日本の市場で麺業界は、乾麺、生麺、冷凍麺、即席麺など、幅広いカテゴリーで […]

    詳細 >