全国麺類特集

全国麺類特集:めんつゆ概況=変化する需要構造 コロナ対応と事業継続を追求

小麦加工 2020.05.30 12058号 137面

 つゆは醤油やみりん、鰹節などの天然だしを豊富に使い、和食全般に使える現代の基礎調味料として定着している。市場は成熟・同質化した主力の濃縮タイプの減少を、簡便・時短の鍋つゆがカバー。最近2年で記録的な暖冬が続き、需要構造が変化してきた。温暖、超高齢、少子、健康、美容といった現代ニーズは明確。新型コロナウイルスによる消費急増への対応を尽くしながら、次の成長戦略、事業継続策を探りたい。  つゆ市場は一般家庭用だけで規模1100億円超。前3月期は前年比1~2%減の微減着地とみられる

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国麺類特集

    全国麺類特集

    小麦加工

     ●ライフラインとしての価値高まる 喫食機会拡大を本格需要に  麺業界の取り組みは、日本の生活者のライフラインを守る産業としての価値が高まっている。日本の市場で麺業界は、乾麺、生麺、冷凍麺、即席麺など、幅広いカテゴリーで […]

    詳細 >