全国麺類特集

全国麺類特集:長野地区動向=「信州そば」の再構築へ 乾そば・高配合系に活路

小麦加工 2020.05.30 12058号 58面
御嶽山を望む木曽町・開田高原のそば畑

御嶽山を望む木曽町・開田高原のそば畑

全国有数のそば処、長野市・戸隠地区の戸隠そばは5~7つに分けて盛る「ぼっち盛り」が特徴

全国有数のそば処、長野市・戸隠地区の戸隠そばは5~7つに分けて盛る「ぼっち盛り」が特徴

 そばの一大ブランド「信州そば」。観光需要も大きい外食はもちろん、麺製品分野でも抜群の認知度で地域の食品産業をけん引している。中でも、明治期に長野市で誕生した乾麺、乾そばの製造量は長野県が全国トップ。市場シェアは40%超を占める。  一方、消費者の“乾麺離れ”やボリュームゾーンの低下、ブランド力の陳腐化などで需要基盤は揺らいでいる。乾そばメーカー各社は、「信州そば」の商標登録を行っている長野県信州そば協同組合が中心となって品質向上や消費拡大に取り組んでいるが、緩やかな地盤沈下

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 全国麺類特集

    全国麺類特集

    小麦加工

     ●ライフラインとしての価値高まる 喫食機会拡大を本格需要に  麺業界の取り組みは、日本の生活者のライフラインを守る産業としての価値が高まっている。日本の市場で麺業界は、乾麺、生麺、冷凍麺、即席麺など、幅広いカテゴリーで […]

    詳細 >