海外日本食 成功の分水嶺(74)「仙台ラーメンもっこり」<下>「ありがとう」で秘けつ知る

外食 連載 2019.04.08 11859号 04面
日本の大衆店そっくりな「仙台ラーメンもっこり」の店内=タイ・バンコクで小堀晋一が3月23日写す

日本の大衆店そっくりな「仙台ラーメンもっこり」の店内=タイ・バンコクで小堀晋一が3月23日写す

 タイ・バンコクで「仙台ラーメンもっこり」を営む木村敦弘さんは、山形盆地の南端、山形県上山市の出身。400年続く地主の息子で、大学卒業後は郷里に戻って地元企業に就職。将来を模索する日々を送っていた。  ある日、地元商工会のセミナーに出席した時のこと。そこで知遇を得たレストランチェーンのオーナーに声を掛けられた。「人生は短い。君は何がしたいのかね」。答えに窮していると、オーナーは続けて言った。「ないのなら、うちに来たまえ」。こうして岩手県内に本社を置く飲食チェーンへの転職を決意

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら