海外日本食 成功の分水嶺(85)しゃかりきナナ店<上>

外食 連載 2019.10.18 11957号 02面
荒東英貴さんが独立を目指す日本式居酒屋「しゃかりきナナ店」=タイ・バンコクで小堀晋一が9月19日写す

荒東英貴さんが独立を目指す日本式居酒屋「しゃかりきナナ店」=タイ・バンコクで小堀晋一が9月19日写す

 ●海外だからできた「独立」  巨漢120kg。「ひでちゃん」の愛称で親しまれる日本式居酒屋「しゃかりきナナ店」(バンコク・ナナ)の店長、荒東英貴さん(31)は今、人生で最も上り調子にいるのかもしれない。タイの首都バンコクとミャンマー・ヤンゴン、マレーシア・クアラルンプールなどで約30店舗を展開する居酒屋チェーン「しゃかりき432゛(しみず)グループ」のオーナー清水友彦さんから今年3月、晴れて「独立」を言い渡されたのだ。「お前、そろそろ自分でやらにゃああかん」  事実上ののれ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら