海外日本食 成功の分水嶺

海外日本食 成功の分水嶺(86)しゃかりきナナ店〈下〉

外食 2019.10.23 11959号 04面
居酒屋の独立と格闘技のプロデビューという二つの夢を持つ荒東英貴さん。両脇はミャンマー人スタッフ=タイ・バンコクで小堀晋一が9月19日写す

居酒屋の独立と格闘技のプロデビューという二つの夢を持つ荒東英貴さん。両脇はミャンマー人スタッフ=タイ・バンコクで小堀晋一が9月19日写す

 ●諦めた格闘技も再挑戦  日本での絶望的な職場環境から、タイで「独立」を果たそうとしている日本式居酒屋「しゃかりきナナ店」の店長、荒東英貴さん(31)。「ひでちゃん」の愛称で親しまれる巨漢120kgの若者だが、とにかくフットワークが軽い。しゃかりきグループが新興著しいミャンマー・ヤンゴンに支店を出すことを決めると、「僕が行きます」と立候補。民主化の始まったばかりの当時は、今よりもまだインフラが整っておらず、そんな中を7ヵ月間も滞在し、店作りに励んだ。  停電は当たり前、水も

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 海外日本食 成功の分水嶺

    海外日本食 成功の分水嶺

    外食

     ●諦めた格闘技も再挑戦  日本での絶望的な職場環境から、タイで「独立」を果たそうとしている日本式居酒屋「しゃかりきナナ店」の店長、荒東英貴さん(31)。「ひでちゃん」の愛称で親しまれる巨漢120kgの若者だが、とにかく […]

    詳細 >